新型コロナウイルスに関する論文検索システムを開発・無償提供

ディープラーニング技術を用いて
患者の疾患リスク要因別に論文を抽出

急速に拡大し、世界中の人々の健康を脅かす新型コロナウイルスに対し、ワクチンや治療薬の開発に向け、研究者が新型コロナウイルスに関する研究に取り組んでいます。

日々数多くの新しい研究の成果が公表される一方、コロナに関する情報は氾濫し、各研究者が必要とする最新の情報を追い続けることが難しい状況が生まれています。

自然言語解析技術を活かし、世界最大の機械学習コンペティションのプラットフォームKaggleの中に保管されている論文の中から、患者のリスク要因をキーワードに検索することで、

簡単に関連度の高い論文が検索できる論文検索システムを開発し、無償提供を開始しました。

論文検索システムはこちらからご確認いただけます。